The Legend of Konami

IMG_3291
スペインから「The Legend of Konami」が届いた
郵便局の人が来てテンションが上がるこの感覚は久しぶり
っつーか、なんでスペインからMSXの同人誌が生まれるのよw

IMG_3295
出たぁ〜!MSX版グラディウス!! パッケージ&シールの写真そのままやんw
タイトルロゴをほっとくと出る静止画&音楽をうっとり見てたものです
ハードウェアで横スクロール機能のないMSX1,2には酷な仕様よね>横シュー

IMG_3296
夢大陸アドベンチャーはBGMがヤバイ
この時代のコナミのゲームはたいだいヤバイだけどね>BGM
たしかワープの仕方で、ステージクリア時のりんごの色とかエンディングの種類が変わるんだよね

IMG_3297
で、出たぁ〜 F1スピリット!これはまさにレジェンド!!
BGMを良くしたいからってROMに専用チップ載せるとか、完全にメーカの中の人の趣味ですやん
そういう意味でも、後にSFC版パイロットウイングス(これもスプライトの回転に専用チップ搭載)で
私がセガ縛りを解除してしまったのは自明の理だったのだ

IMG_3299
なんかMSXに限らずパッケージがいいんだよね、この時代のゲーム
MSX版ロードランナーとかハイドライド3とか

今年も終わる・・・

131230_001

 

今年も1回くらいは更新しとこうか・・・。

【今年のトピックス】
・中古マンション購入/引っ越し
・どうでしょう祭
・ポロ最初の車検を通す
・本棚をセミオーダー
・体重が元に戻る(リバウンド)

以上

 

あけおめ + コレクション追加


あけましておめでとうございます。
今年もあまり更新しないと思います。。。


んで、年明け早速ですが、我が家の「変わりもの時計コレクション」がまた一つ増えました。
時計を飾る部屋数が足りない・・・。

iPhone5購入

(流石に更新しよう、そうしようw)


iPhone5(au)買いました。
今使ってるiPhone4(ソフトバンク)は解約して、auガラケー→iPhone5一台体制になりました。

iPhone4は3回落としたにも関わらず、幸運にもガラスは割れませんでしたが、
今回はApplecare+に加入しておきました。
Applecare+に加入しておけば、例えガラスが木っ端微塵に割れちゃっても、
+4400円ほどで新品に替えてくれます。


で、今度こそ裸で使おうか、と思わないでも無かったけど、
机に置いて使ったりするにも、やはり裸だと座りが悪いので、とりあえず安っすいバンパーを付けてみた。
ついでに家で余ってた「静電破壊防止シール」も貼ってみた。。。
うーん、なんか一気にミリタリー色濃くなったw

模様替え

昨年の夏頃から仕事が忙しく、ろくに「つぶやき」も吐かないような有様で、
EUの破綻が先か?ブログが破綻するのが先か?くらいの勢いだった訳なのですが、
まぁ地道に地味な更新を再開していこうと思います。

部屋の模様替えをしてみた。
(どうした?何をやったの?で、どうなの?)
・ダイニングテーブル的なものを置いて、椅子で食いたい、作業したいんじゃ→IKEAテーブル導入
・デスクライトは欲しいよね→山田照明のデスクライト、安いのにいいじゃん。早速LED電球に換装。
・窓際にテレビ置くとキネクト置けなくね?→今ゲーム自体やってなくね?撤去していいんじゃね?で撤去。
・WiiとHDDレコも使ってなくね?→撤去
・今のソファってリーンロゼ トーゴのぱ◯もんじゃね?→そうですねー・・・本物買っちまえ!!現品特価で購入。

(反省点)
・同じ部屋員ダイニングテーブルと椅子をぶっこんだらそりゃ狭くなるか・・・。まぁ許容範囲。
・IKEAの無垢系家具はオイル塗布もセルフなの忘れてた。実家でワトコオイル塗ったがまだ塗りが甘い!!
・ガラステーブルのガラス天板をパイン材でDIYしたらいまいちだった。(テレビ台の天板に載せて放置)
・IKEAの椅子は座面高いね。3センチ程切ったらちょうど良いよ!→自分の短足をDIYで何とかしたい。
・あぁ〜引っ越したいなー(引越し病を誘発)

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。。。  2月ですけど

VFD時計完成


VFD時計完成!!
前回のような適正な電圧が出ないといったトラブルも無く、
一度セラミックコンデンサの容量をユルゲンさん(キット開発元)に確認したくらいで、
組立したら普通に動いてしまったのでちょっと拍子抜け。まぁ全然問題無いんですがw

しかも、今回はケースが付いてるキットなので、
「ケース自作」っといった感じで自分の創意を注ぐ余地もなく、ちょっと物足りない感じ。


ニキシー管時計と比べると世界観が違って、レトロフューチャー???な見た目すな。
ニキシー管が「シュタインズ・ゲート」なら、VFDは「24」だね。
一時間置きに”テンコン、テンコン”ってアノの音を鳴らしたい。

海外サイトで見かける「管を下からLEDで照らす」って文化はニキシー管時計でも見られたりして、
正直「エグイなぁ」とか思ってましたが、まぁ実際暗いところで見ると結構綺麗です。
そういえば、LEDが七色にゆっくり変化するのって、今まで見る機会無かったなぁ〜。

残念なのは、ケース本体の部品の一部がアクリルじゃなくて塩ビ(?)のような、
透明感のない素材になっていること。(レビューサイトだと全部アクリルだったのに・・・)
手を入れるとしたら、この辺を換装するかだな・・・。

ドイツから


ドイツから国際郵便でVFD(蛍光表示管)時計のキットが届いた。
発送メールからおよそ10日ぐらい。


部品、基板は当たり前として、ACアダプター(ちゃんと日本仕様のプラグだ!)や、
時計ケース(塩ビ?)、抵抗とかを曲げる時に使う治具(?)が入ってる。
VFDは6本+予備が1本入ってた(ニキシー管と違って安いからかな?)
で、何故か白手袋が・・・w
おぅおぅ 決闘か?決闘やんのかコノヤロー!?(ケースに指紋付けないようにってこと?)


オールカラーのテキスト類がありがたい。
(パーツリスト、組立マニュアル、取説、回路図、部品配置図)
・・・まぁ当然、英語/ドイツ語だけどね。
ちまちま辞書引くもの面倒くさいので公式HPからPDFを落としてGoogle翻訳に食わすも、
容量が大きいせいかエラー・・・画像削って食わしたら訳せたw


このキットのVFD(蛍光表示管)は”IV-12″
明らかに前に作ったニキシー管時計の”IN-16”に雰囲気が似てる。ロシア製でしょう。


大きさを比べてみると、やっぱりIN-16に近く、ちょいデカイくらいか。
・・・IN-18の時計ケース出来てないんだよねー、ホントはこっちから手を付けるべきなんだが、
今はハンダ作業をしたい気分なんだ・・・。

鳥人間コンテスト


7/30琵琶湖にて、今年も飛行機を飛ばして参りました。

終盤の徹夜作業&本番前日で大工事をやってしまい、心身ともに壊れかけてしまった。
でもまぁ、任せてもらった尾翼の可変機構が上手く動いて、機体が人の意思で制御されている様を
ジャンプ台の上から見ることができて、幸せでした。

飛行時間は10秒弱くらい。ホント贅沢な花火だなおい。
記録をはっきり覚えていないのだがw、滑空機部門出場19チーム中※位?には入ったみたいなので、
本放送でばっさりカット(ダイジェストで3秒)とかになってなければいいなーwww

【本放送】
 『Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2011』
  2011年8月19日夜7時~(読売テレビ・日本テレビ系列 全国ネット)

0泊3日 伊勢参りの旅


会社の同期から「どこかに行きたい」との提案を受け、
ふらっと伊勢参りに行ってきた。総走行距離793.5km(※ただし、途中フェリー移動分含む)

土曜の夜に川崎の自宅を出発し、自宅への帰着は月曜の明朝3時半・・・。
道中、宿泊施設(らしきもの)の利用は、清水(静岡)の健康ランド内にある”仮眠所”のみ。
仮眠所は、思ったよりはマトモだったのが、見ず知らずの荒くれ野郎wとの雑魚寝となる。
これはとても”1泊”とは言えないため、”0泊3日”の旅とさせて頂きたい。


今回、訳あって、伊良湖港から鳥羽港まではフェリーで移動となる。
この画・・・分かる人には分かるのだが、現時点で関東人にはただのフェリー写真であり、
特定の深夜番組が好きな人でなければ、永遠にただのフェリー写真であるw


フェリーの切符売場。なにげに女子に人気!?(たまたまかw)
車ごと乗船する場合は、車のサイズの確認として、車検証を窓口に出す必要がある。


ハッキリ言って、仮眠所ではほとんど寝れなかった。
ネットで調べた健康ランドのクチコミで「その筋の人に襲われそうになりました…。」なんて書き込みを見てしまったばっかりに、
絶えず親指を拳の中に握りながらの仮眠を強いられたのだから、これは寝た内に入らない。
当然、フェリー移動の1時間弱、連れも私も爆睡なのである。


フェリー内の車庫。
車の置き方は結構大雑把。


伊勢で大泉洋さんご推薦の伊勢うどん屋(”つたや”)に行くも、まさかの日曜定休日!!
失意の中、お伊勢参りに赴く一行であった。
ここまで、分かるに人には分かる”赤福コール”で、すでに脳内は赤福分過多の状態。


内宮様を参拝した後は、当然おかげ横丁に。
今回も”もめんや藍”で座布団カバーを購入。
今回は銘仙判のカバーを2種オーダーして、完成後に郵送してもらうことに。
このお店は好きな”松阪もめん”を2つ組み合わせて、和風モダンな座布団カバーが作れるのでオススメ!

夕方に帰宅開始。帰りは金をケチってフェリー乗らず。

で、当然のように伊勢湾岸道へ途中で渋滞に巻き込まれる。
休憩・仮眠をしながら進むも、深夜になってもの凄い豪雨。
結局帰りついたのは月曜明朝。

「行きはよいよい帰りは怖い」とは、三重のことを歌ったと思われます。