* You are viewing the archive for 8月, 2006

Cool Tatami


NHKの「Cool Japan」の影響じゃないが、今は和風がアツイぜYES!!!!!
畳。実は品質重視の「ディノス」でお買いage。これが無いと和風じゃないYO!
ちゃぶ台。ホームセンターのクセしやがってセレブな品揃え「島忠」でGET!!
座布団。自室にジャストサイズな銘仙判。今は川越が本拠地「丸広百貨店」でGET!!!
会社から帰ってきた時のい草の香りが・・・(*´∀`)イイヨ~イイヨ~

GAME WATCH 「バレットウィッチ」レビューが秀逸!


GAME WATCH 「バレットウィッチ」レビュー
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20060811/bw.htm

レビューが秀逸ってのも微妙に変だけどw このレビューは良いレビューだよ。
キャビアは良かったね~。こんないいレビュー書いてもらって。
レビュアーからのゲームへの愛がガンガンと感じられる。
この山村智美ってレビューの中の人は良い仕事するな~。

攻殻機動隊×日産コラボ


http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/08/04/112.html

いやー いいねぇ~。
肝心の車も悪くないけどw それはさておきタチコマが素晴らしい!!
ちゃんとサーボ+ドライバボード、バッテリ、コントローラなんか全部を本体に仕込んでる!凄い!!
これ発展(走行モードとか)させてラジコンにして売ってくれないかなぁ~。
2足歩行ロボットより安く出来ないだろうか?

「デッドライジング(DEAD RISING)」北米DEMO版


カプコンの「デッドライジング」のデモ版が配信されてたので早速プレイ。
北米限定なので、北米タグが必要になる(無い奴はテキトウに作っとけw)
ダウンロードしたデモ版の容量は、約1GB。デカイ。
あはは、バカだ、やはりこれはバカゲーだ。
ただし、技術レベルがベラボーに高いので、非常に手触りが滑らか。
使える武器が死ぬほど多くて、その使い方が非道としか言えなくて、CEROで18禁指定もうなずける残虐要素満載だけど、不思議と気持ち悪くないのは、その暖色系な画作り(舞台がショッピングモール内だしね)と、バカ要素のおかげかな?
しかし、おっさんが子供服着て、頭だけ着ぐるみ着てギター振り回してたり、カートを爆走させてたりする画は凄い。
ゾンビなんかよりよっぽどアブナイよ!!
とりあえずデモをやったかんじ、イベントシーンは自分が着替えたコスチュームのままリアルタイムで動いている様子。
これって、シリアスなシーンでもこの仕様な訳?w だと面白すぎなんだけど。
とりあえず、北米版は今月発売(通販で購入予定)なので楽しみだ。
プレイ動画(WMV 50MB)





「バレットウィッチ(Bullet Witch)」


(久しぶりにエントリー書いた気がするw)
いやー久しぶりにゲームにハマった。
ファミ通では的外れなレビューを喰らった「バレットウィッチ」を買った。
魔法モーション中に攻撃くらうとか、死体にも照準が反応する(本当は倒れると反応しなくなる)とか
ウソばっかだよ、あの雑誌(怒
このゲームは、一言で言うと「魔女が銃を持って撃ちまくり、暴れるまくりなゲーム」です。
ありそうな設定で目新しくない内容なのに、新鮮に感じるのは、”魔法”のおかげだろうね。
最初は派手な魔法であるサンダー、トルネード、メテオなんかに「スゲェ」となるが、レベルを上げるとウィルパワー(念力)の虜に。
車や瓦礫を吹き飛ばす様は、まるでジェダイ(いや、シスか?w)にでもなった様。
この念力の”快感”は”物理演算”が凄いおかげだ。
いや、凄いというか、その働き方が自然でまじめなのにとてもダイナミック。
戦車とかに車ぶつけたり、ギガース(巨人)に物をぶつけたりしてみると分かるが、ぶつかった方向、質量に応じてちゃんと振る舞いが変わる、凄く”まじめ”に計算している感がある。
結構複雑な建物も壊せるし、壊れ方が自然。
オブジェクトも、小さい木の破片から車や木、屋上のタンク、ビルの瓦礫に至るまで、色んな質量・形状がある。
敵にもウィルパワー(念力)を使う奴が居て、そいつのウィルパワーが凄い強力。
でかいタンクローリーとか貯水タンクを、ゴッソリまとめて宙に浮かして、一気にぶつけてくる。
でもこちらの魔法と同じ法則(アルゴリズム)上で働いているので、車が建物に引っかかったり、こちらにぶつかれば当然死ぬが、それがザコ敵に当たっても即死する。
全てに平等に計算されている。素晴らしい。
この物理演算のおかげで、同じステージをプレイするでも、物がいっぱい転がっているところでウィルパワーを使うと色んなことが起きるから飽き難い。
最初はウィルパワーのレベルが低くてなにも飛ばせないけど、レベルが高くなるともう中毒。
荒い部分もある。
うっとおしいセーブ周りとか。
フレームレート低めとか(これはやってる処理を思えば納得なんだけど)
次にどこ行けばいいのか分からんマップ構成とか。
回避ジャンプがモッサリしてて、ジャンプ中は何もできないとか。
画面が暗い割りに、ガンマ調整できないとか。
たまに草とか味方が邪魔だとか。
間違っちゃ駄目なのは、止まっているとすぐ死ぬとか、弾が当たりにくいとか、車が画面外から飛んで来て死亡とか、そういうのは良い。直さなくて良い。
破綻、不安定、不親切などの要素を全て取り払ってしまった結果、小さく小奇麗にまとまったゲームなんかに価値は無い。
日本では売り上げ本数1万本くらいだろうけど、海外では売れると良いね(というか出すのかな?)
海外はTPSゲーのレベルが高くて苦戦するだろうけど、触れて投げられなければ味が伝わるだろう。
同チームの次作品を楽しみに待つ。
プレイ動画(WMV 48MB)



(c)AQ INTERACTIVE/CACIA