* You are viewing the archive for 1月, 2008

ラクシュミロードで靴を買う


(プネ市 ラクシュミロード(Laxmi Road)にて)
というわけで、エローラ/アジャンタ旅行で靴の中敷を無くしてしまったこともあり、
プネ市でもリーズナブルな服と靴の店が集まっていることで有名な”ラクシュミロード(Laxmi Road)”に行って
新しい靴を買ってきました(場所は↓)

ラクシュミロードはかなり長く、その両脇にびっしりお店が並んでいます。
しかも、横筋に入ってもお店がさらに並んでいたりして、半端無い数のお店があったりします。
お店は、サリーやパンジャビを扱う女性向けの服屋が大半で、次に普通の服屋、靴屋が来て、
宝石のお店がポツポツ、といった感じ。
ラクシュミロードで靴を買うのは、お店での細かいやりとりを英語でコミュニケーションしきれなかった時に、
ヒンディーが使えないと結構難易度が高いのでは?と感じていたため、
今回はこちらで知り合ったインドの友達に付いてきてもらいました。

↑買った革靴です。Rs.2180 ≒ 6500円くらい。
”ID”とか言う謎のブランドです。Made in India.
サイドのメタルなラインがダサカッコイイ!!この絶妙なデザインセンス、日本で売ってないよ!(たぶん)
日本で本革の靴を買うと結構するので、いい買い物をしたと思われます。

インドでの食事


(研修所でのケータリングサービス。一番下が超旨いインド風中華!)
こちらで通っている研修所では、昼食と夕食のケータリングサービスがある。
内容は基本的にインドカレー中心なんだけど、適度に日本人の為に手加減されているらしく、
かといって、インド人のスタッフ・先生達も同じものを食べるわけで、
その辺 両者から不満が無いように調整されているらしい。
メニューは一応日替わり、だけどさすがに1ヶ月居ると同じカレーに出くわす回数も多くなってくる感じ。
で、肝心の味なんだけども、インドカレー好きな人間だったら「大満足!!」というレベルであり、
サフランライスや、チャパティ(ナンの代わりの薄いパンのようなもの)で、カレーを頂けたり、
サラダとかスープとかヨーグルトとか、辛くない担当もちゃんと用意されている。
肝心のカレーは、辛いには辛いけども不快なレベルでは全くなく、大変美味。
まぁ、デザートはたまに「甘い!」といってしまうくらい甘く、人によってはちょっと厳しいみたい。
そして、特に夕食担当でありゴア出身である料理長のオジさんの作る”インド風の中華達”は、
インド料理と中華料理の融合が完全に成立しており、何度食っても食い飽きない旨さです。
(実際、街中で食べた麺類(ヌードル)も中華風だったり、中国の隣の国だけあるなぁ~と)
「日本に帰ったらこれらが食えなくなるのか・・・」と思うと体が震えてくる程の旨さ。
この料理長を日本に連れて帰りたい・・・。
本当に旨いので、
①ついつい食いすぎて
②胃を壊し
③腸を壊し
④水とバナナしか食えない日を経て
⑤復活 最初に戻る→①
という悪循環に陥ってしまう訳です。
腹を壊してしまった時は、研修所の直下に常駐している台車の果物売りの所に行って、
バナナを2本(一本 Rs.2 ≒ 1円以下)買って食べます。
バナナは胃腸にノーダメージな模様。
大変助かります。

あけましておめでとうございます from India


(ムンバイ インド門前)
誰ともなしに、あけましておめでとうございます。
今年はインドで年を越してしまいました。
今年も1年、皆々様共ご無事でありますように。
こちら(プネ市)の年越しは賑やかなもんで、
0:00の5分くらい前から、街のいたるところで花火が打ち上がります。
”いたるところ”、というのは、川や広場だけでは飽き足らず、
どうやらホテルや一般家庭からも打ち上げまくりなので、大変なことになります。
360°花火の光と爆音に囲まれるので、ちょっとビックリな感じです。
犬も”何事か?”といった感じに吼えまくりです。
私はムンバイ旅行の疲れでAM1:30くらいで寝てしまいましたが、外ではずっとお祭り状態でした。
深夜の騒音とか、そんな些細なことは気にしちゃいけない国 インド からでした。