* You are viewing the archive for 8月, 2011

ドイツから


ドイツから国際郵便でVFD(蛍光表示管)時計のキットが届いた。
発送メールからおよそ10日ぐらい。


部品、基板は当たり前として、ACアダプター(ちゃんと日本仕様のプラグだ!)や、
時計ケース(塩ビ?)、抵抗とかを曲げる時に使う治具(?)が入ってる。
VFDは6本+予備が1本入ってた(ニキシー管と違って安いからかな?)
で、何故か白手袋が・・・w
おぅおぅ 決闘か?決闘やんのかコノヤロー!?(ケースに指紋付けないようにってこと?)


オールカラーのテキスト類がありがたい。
(パーツリスト、組立マニュアル、取説、回路図、部品配置図)
・・・まぁ当然、英語/ドイツ語だけどね。
ちまちま辞書引くもの面倒くさいので公式HPからPDFを落としてGoogle翻訳に食わすも、
容量が大きいせいかエラー・・・画像削って食わしたら訳せたw


このキットのVFD(蛍光表示管)は”IV-12″
明らかに前に作ったニキシー管時計の”IN-16”に雰囲気が似てる。ロシア製でしょう。


大きさを比べてみると、やっぱりIN-16に近く、ちょいデカイくらいか。
・・・IN-18の時計ケース出来てないんだよねー、ホントはこっちから手を付けるべきなんだが、
今はハンダ作業をしたい気分なんだ・・・。

鳥人間コンテスト


7/30琵琶湖にて、今年も飛行機を飛ばして参りました。

終盤の徹夜作業&本番前日で大工事をやってしまい、心身ともに壊れかけてしまった。
でもまぁ、任せてもらった尾翼の可変機構が上手く動いて、機体が人の意思で制御されている様を
ジャンプ台の上から見ることができて、幸せでした。

飛行時間は10秒弱くらい。ホント贅沢な花火だなおい。
記録をはっきり覚えていないのだがw、滑空機部門出場19チーム中※位?には入ったみたいなので、
本放送でばっさりカット(ダイジェストで3秒)とかになってなければいいなーwww

【本放送】
 『Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2011』
  2011年8月19日夜7時~(読売テレビ・日本テレビ系列 全国ネット)