Kinect(キネクト)設置

Pocket


やっとキネクト本体が届いたので早速テレビ上に設置してみた。
自分の部屋はそんなに狭い方じゃないと思ってたけど・・・
こりゃもっと快適にプレイするには部屋が広すぎるってことはない感じ。


テレビ上に固定する金具やら部品やらは付属していないので、
キネクトの梱包材を利用して簡単なDIYで取付します。
箱の中のクッション材が使えそうなので・・・


カッターで適当なサイズにカットします。


カットしたクッションをテレビ裏側上部のテーパ部分に載せ、
キネクト本体をインシュロックで固定(通気口のスリットを利用)して終わり。
ちょっとやそっとじゃ動かないので、キネクトが首を振っても大丈夫。
(こいつ大きめUSBカメラ然としてる風体のくせしてサーボ機構で動きやがる)


そうこうしているうちにFedExが来た。


Play-Asiaに注文してたアジア版のキネクトのソフト達。
・・・中文パッケージがかなりイケてないが円高のおかげで1本3千円ちょっと。
しかもKinect SportsとKinectimalsは日本語も入ってるので大変お値打ちです。

※一般的な(?)部屋での導入事例:
外部プレイヤーで【Xbox360;】キネクトを試してみた;́を再生する
色々と問題があるようだがw センサーの設置の仕方でなんとかなるのであった。
にしても今回ばかりは凄いもんを作ったね、マイクロソフトは(元はイスラエルの技術にしても・・・)

2 Responses to “Kinect(キネクト)設置”

  1. eあたま said:

    12月 07, 10 at 01:50

    マングースがダンス??
    新しいダイエット??
    wiiを超えましたね!にしても、PS3もxboxも似たような物作りましたね。。ここまで技術がすごい無人ロボットとかを簡単に動かして色々できますね。さすが、椅子がナエルですな。

  2. マングース said:

    12月 12, 10 at 11:58

    ダンスと筋トレの両方は体力的に無理だわ…。
    Wiiの時よりスペース取られるので部屋がスッキリ片付いてます。
    無人ロボットはすでに外人がキネクト使ったヘリ型ロボットを作ってたよ。


Leave a Reply