久々の自作PC狂

Pocket


PCを組みました。
組んでビックリ。こいつはとんだモンスターマシンです。(下に続く)



とりあえず部品表。
ホントはシステム用にHDDを独立させたいが、とりあえずこの構成で組む。



とりあえず作業する前に材料を並べてみる。
うーん、全部通販で揃えたので、箱と緩衝材が凄い。
とりあえずの感想は、
「ケース(「JAZZ」ソルダム製)が軽い!!」
「電源(鎌力弐)の仕上げが凄い!!」

ケースはかなりバラせます。

HDDもサブシャーシに分離するタイプで、部分的にラッチが使われてます。

CPUはデュアルコアのathlon64 X2 4400+。エンコード処理重視のセレクト。

メモリはSAMSUNG製1GB×2枚差し。正直2Gは要らない気も…。

マザーボード部もサブシャーシに。
便利さを考えた構造…ではなく、筐体内の狭さゆえの構造か?


まるで税関に引っ掛かった証拠品のように並ぶHDD。
オンボードチップでRAID01を構成します。

2セットに分けて組み付けます。


ケースにあらかた組付けた所。
FDDが中央なのは、マザーの電源コネクタ位置が悪く、
他のドライブ(5インチ)だと干渉してしまう為(涙)

起動時、RAIDを構成する。RAID01はストライプ・ミラー。

OSインストール。
うまく行ったか?と思ったら、謎のフリーズ現象に苛まれ、再び分解してあれこれ作業。
しかも、OSを再インストールしたら直ってしまった。
原因が分からずすこぶる気持ち悪い…。

完成!!
運用の方の記事はまた別途。

Leave a Reply