* You are viewing Posts Tagged ‘インド’

映画「スラムドッグ$ミリオネア」見てきた


ムンバイが舞台の映画と聞いて、初日に見てきました。
インドに思い入れなくても十分良い映画でした。
勿論インド、ムンバイ入門の映像資料としてもオススメです。
「1インドルピーは2~3円くらい。5ルピーでバナナ1本くらい買える」
というレベルの予備知識で見るものアリかと。
脚本やら演出やらは全然ボリウッドな感じしなくて、いわゆる洋画仕様な感じ。
なるほど、家に帰ってからパンフ見ると監督・脚本がインド人じゃない。
だけどインドで撮影するだけでやっぱインドパワー入っちゃいますね、って感じでした。
当然良い意味で。
冒頭からボリウッド映画なBGMが効果的に使われてて・・・これが好きな私にはたまりません。
この映画、話の途中で唐突にダンス始まったりな展開は無いのだけど、
作中のBGMは完全に上質なボリウッド映画のそれです。サントラは買いですな(出るよな?)
しかし、思いの外”ガチのスラム”が写っててビックリ。
ゴミの捨てられ感とか、物乞いの子供達の目・仕草とか、あれは演技じゃないレベル!
ぜったい現役のロー・カーストな子供雇ってるよ・・・絶対・・・
海外からの観光客がインドでスラムの写真とかを撮ってるわけですが、
現地のインド人からすると結構不快に思うそうです(インド人の先生から聞きました)
しかし、この映画の内容からすれば当然変なフィルターを掛けない方が作品性は高まる訳で、
この映画を見たインドの人にもその辺の理解があれば良いなと思います。
そして「よく撮影できたよな」と思うこともしばしば。
中でも”カメラ目線の一般インド人がひとりも居ない”のは、編集してるにしても凄いことだと思うw
通常の映画撮影なんか街中でやったら、暇なインド人400%で人だかりコースだろうから、
おそらく入念なロケーションチェック&カメラのハードウェア面でのブレイクスルーがあるに違いない。
クレーンカメラなんか運んで来ただけで人だかりだろうしな・・・。
とか思ってると、たまに”美しい”というよりは”神懸った”画のカットが随所にみられて、
「こんなの見ちゃうともう一度インド行きたくなっちゃうねぇ~」となる訳ですw
前回は行けなかったアグラに行ってタージマハルの大理石をなでなでしたいし、
プネのデッカン(繁華街)をフラフラ歩いてリキシャ乗りまわしたいとか、色んな衝動が襲ってくる。
これでカレーとかタンドリーチキンとかパクパク食うシーンとかあったらもう抑えられないレベルです。
今回の映画は金持ちの食い物も含めて概ね不味そうだったのが逆に救いでしたw
インドというと、どうしても切り離せないのが”カースト”
この映画、カーストが考慮された設定ではあるけど、案外直接的な表現はされてない辺りが、
絶妙なバランス感覚だと思った。
カーストなんか特にそうだけど、インド社会をリアリズムを保ったまま映像にしていくと、
どうしてもインド外から見た時に「あれ何やってんの?」的な余計な違和感が出るシーンが出てくると思う。
そういう余計な違和感は無かった。お話上必要な前フリとしての違和感は別としてね。
しかし、主人公の青年はあんまりインド人くさくないなw
と思ったらイギリス育ちとか・・・なんか納得です。実に自然な演技だった。
でもちゃんとヒンディ語?(「チャロ!」(行け!)とか)も喋ってた。頑張ったね。
まぁ今回の映画に出てくるインド人は、本来の”濃さ”がユニバーサル規格wに手加減された感じにインド人だったと思う。
ホントのインド人は色々もっと濃いよw
もっと首を左右に振るし(日本でいうところのうなづく動作)、喋るし、車のクラクションももっと鳴らすよね?w
以下ネタバレを含むので(白文字)
—————————————————————

ジャマールの家族はムスリムのロー・カーストだったんだろうね。
ヒンドゥーとムスリムの対立は稀にあると聞いてたけど、
実際映画のような直接的な暴力の津波が頻発しているとしたら、
やはり観光レベルでは触れられない深さの現実だ。
ママンに拾われる辺りからさらに「・・・もう見てられない」な境遇になっていくわけだけど、
見終わった後に清々しい気持ちになれるあたり、すばらしい。
全体にちりばめられたユーモアと、ジャマールの生きることへの逞しさ&ラティカへの純愛がそう感じさせるのかもね。
ユーモアと言えば、サリームが飲食店で水のペットボトル作ってる所とかツボだった(キャップを接着剤で付け直すなよ!w)
あと、エンドクレジットの陽気なダンスねw あそこだけボリウッド映画様式www
ジャマール君のダンスにキレが足りないのはボリウッドの第一線俳優じゃないから勘弁してやろうw
ロー・カーストなジャマール君だけど、お茶汲みとはいえ綺麗な服着て電話交換サービス会社に
勤められるなんてうまくやってるな。
あの会社内の3つならんだ壁掛け時計は、会社見学にいったオフショアIT会社にもあったなw
あのカットでおもわずニヤリとしてしまった。
あの辺と、サリームと眺めた高層ビル&サリームの「もはやムンバイが世界の中心」発言とか、
まったく予備知識ないとピンとこないかも?とは思った。
最後の問題。
答えは「A.アラミス」が正解ってこんな俺でも分かってたレベルでちょっとズコー感あった。
しかも、電話の通じたラティカ分かんないとか言っちゃってんのwww
ジャマールはあれなんで答えAにしやがったんだ?アラミスの前振りとかなかったよね?
もう直前の電話で舞い上がってて賞金とかどうでもいいってかw
まぁ最後の「D.運命だったから」で納得&ジーンと来ちゃったからしょうがない。
インドだししょうがない。

—————————————————————
インドでクイズ$ミリオネアってそんなに流行ってたかねぇ?
向こうに居る時は現地の人からさっぱり話聞かなかった。
全国民が重度のクリケット狂なのはガンガンに伝わってきたけどw

タージマハルホテルのこと

インド研修中に慣れない英語生活にヒーヒー言いながら、年末休みに行った先がムンバイだった。

プネから近場だったし、インド最大の商業都市というのに惹かれた。

 

タージマハルホテルの周りは凄い鳩の数だった。

旧館の中央の調度品は超豪華だったし、ラウンジはお香の匂いがしてた。

なぜかトイレでは、手を洗うための水道の蛇口は係の人が付いていたw

 

インド門からエレファンタ島に渡るフェリーに乗ってホテルの方を眺めると、

ホテルの鳩にも劣らないもの凄い人だかり。

あの時は「やっぱインドの玄関だなぁ」とインドの力強い印象を再認識したもんだ。

 

 

残念です。

ラクシュミロードで靴を買う


(プネ市 ラクシュミロード(Laxmi Road)にて)
というわけで、エローラ/アジャンタ旅行で靴の中敷を無くしてしまったこともあり、
プネ市でもリーズナブルな服と靴の店が集まっていることで有名な”ラクシュミロード(Laxmi Road)”に行って
新しい靴を買ってきました(場所は↓)

ラクシュミロードはかなり長く、その両脇にびっしりお店が並んでいます。
しかも、横筋に入ってもお店がさらに並んでいたりして、半端無い数のお店があったりします。
お店は、サリーやパンジャビを扱う女性向けの服屋が大半で、次に普通の服屋、靴屋が来て、
宝石のお店がポツポツ、といった感じ。
ラクシュミロードで靴を買うのは、お店での細かいやりとりを英語でコミュニケーションしきれなかった時に、
ヒンディーが使えないと結構難易度が高いのでは?と感じていたため、
今回はこちらで知り合ったインドの友達に付いてきてもらいました。

↑買った革靴です。Rs.2180 ≒ 6500円くらい。
”ID”とか言う謎のブランドです。Made in India.
サイドのメタルなラインがダサカッコイイ!!この絶妙なデザインセンス、日本で売ってないよ!(たぶん)
日本で本革の靴を買うと結構するので、いい買い物をしたと思われます。

インドでの食事


(研修所でのケータリングサービス。一番下が超旨いインド風中華!)
こちらで通っている研修所では、昼食と夕食のケータリングサービスがある。
内容は基本的にインドカレー中心なんだけど、適度に日本人の為に手加減されているらしく、
かといって、インド人のスタッフ・先生達も同じものを食べるわけで、
その辺 両者から不満が無いように調整されているらしい。
メニューは一応日替わり、だけどさすがに1ヶ月居ると同じカレーに出くわす回数も多くなってくる感じ。
で、肝心の味なんだけども、インドカレー好きな人間だったら「大満足!!」というレベルであり、
サフランライスや、チャパティ(ナンの代わりの薄いパンのようなもの)で、カレーを頂けたり、
サラダとかスープとかヨーグルトとか、辛くない担当もちゃんと用意されている。
肝心のカレーは、辛いには辛いけども不快なレベルでは全くなく、大変美味。
まぁ、デザートはたまに「甘い!」といってしまうくらい甘く、人によってはちょっと厳しいみたい。
そして、特に夕食担当でありゴア出身である料理長のオジさんの作る”インド風の中華達”は、
インド料理と中華料理の融合が完全に成立しており、何度食っても食い飽きない旨さです。
(実際、街中で食べた麺類(ヌードル)も中華風だったり、中国の隣の国だけあるなぁ~と)
「日本に帰ったらこれらが食えなくなるのか・・・」と思うと体が震えてくる程の旨さ。
この料理長を日本に連れて帰りたい・・・。
本当に旨いので、
①ついつい食いすぎて
②胃を壊し
③腸を壊し
④水とバナナしか食えない日を経て
⑤復活 最初に戻る→①
という悪循環に陥ってしまう訳です。
腹を壊してしまった時は、研修所の直下に常駐している台車の果物売りの所に行って、
バナナを2本(一本 Rs.2 ≒ 1円以下)買って食べます。
バナナは胃腸にノーダメージな模様。
大変助かります。

あけましておめでとうございます from India


(ムンバイ インド門前)
誰ともなしに、あけましておめでとうございます。
今年はインドで年を越してしまいました。
今年も1年、皆々様共ご無事でありますように。
こちら(プネ市)の年越しは賑やかなもんで、
0:00の5分くらい前から、街のいたるところで花火が打ち上がります。
”いたるところ”、というのは、川や広場だけでは飽き足らず、
どうやらホテルや一般家庭からも打ち上げまくりなので、大変なことになります。
360°花火の光と爆音に囲まれるので、ちょっとビックリな感じです。
犬も”何事か?”といった感じに吼えまくりです。
私はムンバイ旅行の疲れでAM1:30くらいで寝てしまいましたが、外ではずっとお祭り状態でした。
深夜の騒音とか、そんな些細なことは気にしちゃいけない国 インド からでした。

エローラ、アジャンタ(Ellora, Ajanta)


(エローラ第16窟 カイラーサナータ寺院)
エローラという石窟群と、アジャンタというこちらも石窟群に行って来ました。
バスがねぇ~ いいバス(VOLVO製)だったんだけどねぇ~
何しろ乗車時間が長くてねぇ~(2日の旅行で乗車時間16時間)
しかも追い越しがもう狂ってるとしか言えない仕事でねぇ~ 絶えずクラクション鳴らしてるし。
かなり体中が痛くなってしまったのでした。
石窟群の感想は「人間って凄い!!」としか言えない感じなのですが、むしろインド人との交流が楽しかったですね。
・子供に「ピアスとボールペンと交換して!」と言われ、もらおうとしたら片方しかくれなくて「もう一本くれ」だって・・・。
・5,6人の女の子のグループから「写真撮らせてください」と恥ずかしそうに話かけてきました。なんとも微笑ましい。
・すると、小中学生の集団15人くらいに囲まれて「一緒に写真撮らせろ!」とえらい騒ぎに・・・。
 そこの管理のおじさんに「This Way!! This Way!!」(あっち行け!って言ってんの?)と凄い怒られました。
・その時に靴を履きかけで逃げたので、靴の内底を片方ロスト・・・(石窟内の神様ゾーンでは靴を脱ぐ必要あり)
・子供達に「ジャパニーズコインを見せて」と言われて500円玉とか見せたら2ルピーくれました(日本円はもちボッシュート・・・)
・突然知らないおじさんに「お前のカメラを見せてくれ。これはサイバーショットか?」と事細かに事情聴取されて、
 「俺もソニーのハンディーカム持ってるぜ?(ニヤッ)」とされて、最後に「お前はネパール人か?」と聞かれました。なぜネパール人?
・・・きりが無い。いや、かなり面白いです。

ダム(Khadakwasala dam)


(ラクダ使いの少年)
プネ郊外のダム(Khadakwasala dam)に行ってきました。
写真の向こうに岸のように見えているのがダムの堤防です。
なにやら現地の人の憩いの場所のようです。
Rs.30でラクダに乗らせて貰いました。5分くらい。
Rs.30というと、日本円で75円くらいですが、
現地だとRs.15でパンが1斤買えるので、
結構美味しい商売だと思ったけど、ラクダって食が太そうだなぁ。。。

プネ市


(宿舎のベランダより)
滞在しているところはインドでも西の方。
ムンバイ(ボンベイ)の少し東寄りの”プネ(pune)”という街。
市内にはプネ大学もあり、IT方面では成長しつつある街らしい。
現地の方によると、今後はバイオ方面が成長するようなこと言っていた。
この時期、インドも”冬”なんだけども、元々がとても暑い国なので、
温度的にちょうど過ごし易い感じ。夏の軽井沢のような。
町並みは、思っていたより近代的な建物が多かったりするけど、
その並びの廃墟にテント生活の人々がたくさん居たりといった
生活レベル格差のコントラストが凄い。

(リクシャ車上より)
交通なんだけども・・・まぁカオスですね。
市内の移動は歩きか”リクシャ”(現地のタクシーみたいなもの)なんだけど、
基本交差点に信号の無かったり、道をバイクやら自転車やら、野良犬やらが入り乱れて走ってるから、
このリクシャに載せてもらって後ろから運転見てると怖い怖い。
どうやらクラクションを鳴らして威嚇しながら走るのがデフォのようです。
交通上にも暗黙のカースト制度のようなものがあって、
バス、トラック>車>リクシャ>バイク>自転車>人間>犬、その他獣
という順序で強く、下位が上位を避けるといったルールがあるらしいけど、
やっぱりカオス。

インドに到着

インド到着です。
ついたのは12/2の話だけど。。
どうも飛行機で風邪をうつされたらしく、いきなり高熱&腹下しの状態に。
現地の空港から超乗り心地の悪いバスに5~6時間(もっとかも?)も揺られながら、
気づいたら現地の宿舎に着いてました。
今日になって腹が復活してきたので、だいぶ余裕が出てきました。
何事も健康が大事。特に消化器系はホントに大事。
本日よりインドカレーライフ満喫開始です。

予防接種強化月間

誰とも無しに報告。
12月からインド逝って来ます。2月に帰ってくる予定(向うで年越し)
インドじゃ狂犬病で年間3万人死んでいるらしいので、今月は予防接種強化月間。
(狂犬病x2回、破傷風x1回、A型肝炎x2回・・・打たれ過ぎ)
向うに居る間、ここをインドネタで埋め尽くしたいが、できるかな?
(一応向こうにもネット環境あるらしいけど、かなり回線速度が遅いらしい)